糖尿病というと、制限された食事と思い

糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します
■HOME >> 糖尿病というと、制限された食事と思い

糖尿病というと、制限された食事と思い込

糖尿病というと、制限された食事と思い込んでしまう患者さんが多いことでしょう。

ところが、糖尿病になったからといって、食べられる食品はたくさんあります。「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、食品にふくまれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを工夫しながら実践することが目的です。

もともと食事療法の目的は、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。

1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalが似つかわしいとされているひとについては、1日20単位の食品と交換できますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。

「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。

カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。

薬物療法を行っている場合、どのタイミングで食事をすればよいのか掌握しておかないと、条件次第では低血糖を誘発するおそれがあるので留意してちょーだい。

献立をマンネリ化指せない工夫をしたり、外食の仕方を上手に取り入れながら、食事療法を上手に活用してちょーだい。1日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。沿うした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、過度な食欲を回避できたりするからです。どんなに忙しくても、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。

食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。

ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。糖尿病を大聞く分けると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に分類できます。

日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。

当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症の引き金になります。

2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、治療の目的として食生活の改善が重要です。体重や血糖を意識して調整し糖尿病性の合併症を予防、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。糖尿病予備軍から移行した糖尿病は、インスリンという血中の血糖値をコントロールするホルモンがバランスを崩し、慢性的に血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は正常なバランスを維持するための体重・血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)・血糖・血清脂質の管理を継続することで、その他の病症を合併する可能性を避けてることができ、健康な人と同様に活動的な日常生活や実り多き時間を過ごすことです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化症など)も回避できます。

糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「まだ糖尿病になった所以じゃないから、今は食生活を改善したり、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかも知れません。

大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、考えを改めることは中々できません。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、だんだんと自覚症状も出てきます。

例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病予備軍の段階から見受けられます。

体内時計(朝型タイプと夜型タイプがいるのだとか)が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)など、すべての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計(朝型タイプと夜型タイプがいるのだとか)」と密接に関わっています。「体内時計(朝型タイプと夜型タイプがいるのだとか)」と日々の生活スタイルは、密に関係します。

「時間栄養学」は「体内時計(朝型タイプと夜型タイプがいるのだとか)を考えた栄養学」と捉えることができます。「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、「いつ食べるか」という体内時計(朝型タイプと夜型タイプがいるのだとか)の視点を加えて、食事のリズムと機能性がもたらす作用について研究する新しい分野です。

人は加齢と共にインスリンの働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。

その結果、血糖値の上昇へと繋がります。

食事の後は特に、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。

まずは野菜から食べるといった食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

併せて、食事や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質をゆっくり吸収するので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。

バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。

それぞれに似つかわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、多くふくまれている栄養素によって、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、食品の重量を掲さいしていますが、その基準は1単位80kcalです。食品交換表を活用することで、料理の種類も豊富になります。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。3食バランスよく食べて、食事を少なく摂ることが大切です。

若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。

糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当と食事の量を半分にすることを、指導しています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。

メニュー

Copyright (C) 2014 糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します All Rights Reserved.