糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その

糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します
■HOME >> 糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その

糖尿病には、1型糖尿病・2型糖

糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。

初めは血糖値が高いこと自体に自覚症状を感じないことが多いですが、病状の継続・悪化につながり多くの合併症を引き寄せてしまいます。

不適切な食生活は2型糖尿病をまねくきっかけとなるので、治療の目的として食生活の改善が重要です。

体重や血糖を意識して調整し糖尿病性の合併症を予防、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。

糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、適度な運動も必要だと思受けどできない」と考えている方々もいるでしょう。糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、沿う考えるのも無理はないです。糖尿病の予備軍から境界型になってくると、検査の結果にもさまざまな変化が顕れはじめます。

特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンが血中での異常な変化を示すことは、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。

一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまいます。

時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。

時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。

幾ら仕事が忙しくても、短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにして頂戴。

糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂って頂戴。

2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」によって制御されています。

「体内時計」は、生活スタイルから影響を受けています。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」を表したものです。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のリズムと機能性との関係について考える新しい研究分野です。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンが上手にはたらかなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することにより、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、日常の生活に支障をきたさないよう人生を謳歌できるよう努めることです。

治療の為の食事療法を正しく実行すれば、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐ事ができます。たくさんの食品群にはいろんな栄養素がふくまれており、それらを適量摂取することが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。

それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するためにひんととなるのが、「糖尿病食事療法の為の食品交換表」です。食品交換表では私立ちが日常食べている食品を、その内最も多い栄養素を元に、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量を掲載しています。日常的に食品交換表を利用することにより、料理の種類も豊富になります。1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな糖質制限食」の目安です。

一日三度の食事をバランスよく摂り、できるだけご飯を少なくすることが大事です。

若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。

「カツ丼とざるそばセット」のようなものも良くありません。

すなわち、糖質ばかりの食事はよくないということです。

糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、提案しています。「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。

1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、1日20単位の食品と置き換える事ができますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。

「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。

目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。

なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。献立をマンネリ化させない工夫をしたり、外食の仕方を上手に取り入れながら、食事療法を上手に活用して頂戴。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと考える患者さんがほとんどかもしれません。

でも、もし糖尿病になってしまっても、決して食べられないという食品はありません。

「食事療法」といっても特別なメニューがあるワケではなく、食べ物に含まれるいろんな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。この食事療法の考えは、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。

人は加齢と供に筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。

血糖値の上昇に繋がる原因の一つです。

食後は特別、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。

「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。

食事の際、野菜から先に食べる食事法です。

食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。

ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。

メニュー

Copyright (C) 2014 糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します All Rights Reserved.