「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂

糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します
■HOME >> 「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂

「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目

「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。3食バランスよく食べて、できるだけご飯を少なくすることが大切です。

若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも良くありません。

つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。

糖質制限の観点からも「幕の内弁当にして下さい。そしてご飯は半分のこして下さい」と、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取して下さい。

いわゆる糖尿病とは、インスリンという血糖値を下げる役割を担ったホルモンがバランスを崩し、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、健康的な心とからだを保ち、人生をたのしみながら送れるようにすることです。治療法はさまざまですが、正しい指導の持と食事療法をとおして、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。

日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「まだ糖尿病になったりゆうじゃないから、今は食生活を改善したり、体も適度に動かしているから大丈夫」と感じてる方もいるでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、前もって生活を変えるということは難しいことです。

ですが、糖尿病のなかでも境界型という段階になると、からだの中では、すでに変化が起き始めています。

血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリン値に異常が出てくる反応は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。

日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、「体内時計」によって大きく作用します。「体内時計」は、生活スタイルから影響をうけています。聴きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」をさします。

「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、体内時計の特質を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のリズムと効果の関わりについて研究する新しい分野です。人は加齢といっしょに筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。

そのため、血糖値が上昇しやすくなります。食事の後は一段と、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。

野菜から先に食べる食事法です。

ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさん含む野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用を持たらします。

併せて、ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するので、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。

一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。

忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。

沿うした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、過度な食欲を回避できたりするからです。

どんなに忙しくても、短時間での食事摂取は回避して下さい。

食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてください。糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。さまざまな種類の栄養素を適切な量摂ることが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。

バランスのよい食事を取るためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大切であり参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。食品交換表では私たちが日常食べている食品を、それぞれに多く含まれている栄養素を持とにして、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、食品の重量=80kcal(1単位)として記載しています。

日常的に食品交換表を利用する事で、日々の献立づくりの幅が広がります。糖尿病というと、制限された食事と考える患者さんが多いと思います。ところが、糖尿病になったからといって、決して食べられないという食品はありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるりゆうではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを意識することが目的となります。

食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、常々皆様が意識して考えないといけないということです。

糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。

その内、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。

はじめは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、何かと病状悪化の原因となり多様な合併症を誘発します。2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活の改善なくして治療は行えません。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。

1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalが似つかわしいとされているひとについては、1日20単位の食品と置き換えることができますが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。

代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。

日常的に、カロリーや栄養素を掌握しておくと便利です。

一方、薬物療法をうけている患者さんの場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、外食の仕方を上手く取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。

メニュー

Copyright (C) 2014 糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します All Rights Reserved.