糖尿病とは、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくら

糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します
■HOME >> 糖尿病とは、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくら

糖尿病とは、血糖値(空腹時に80〜

糖尿病とは、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)を下げるインスリンというホルモンの機能が悪化し、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が上昇したままの状態が続く病気です。糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生する色々な病症からの回避につながり、自由にからだを動かし活発な日頃の暮らしは持ちろんのこと、満たされた人生を送れるように努めることです。

治療法は色々ですが、正しい指導のもと食事療法を通して、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。

日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しておりもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。

はじめは血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が高くても自覚症状が伴わず、そのことが悪化の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)となってしまい多くの合併症を引き寄せてしまいますよね。2型糖尿病の大きな原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)は誤った食生活に由来するため、治療の目的として食生活の改善が重要です。体重や血糖を意識して調整し糖尿病性の合併症を予防、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。多種色々な栄養素を適量摂ることが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。

適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるためにヒントとなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。食品交換表というのは私たちが普段摂取している食品を、栄養素が多く含まれる種類によって、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、食品の重量を記載していますよねが、その基準は1単位80kcalです。食品交換表をもとに普段の食事を意識すると、日々の献立づくりの幅が広がります。

糖尿病というと、制限された食事と考える患者さんがほとんどかもしれません。

ところが、糖尿病になったからといって、決して食べられないという食品はありません。

「食事療法」には、これといった限定されたメニューがある所以ではなく、食べ物に含まれる色々な栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを考えることが大切になります。

根本的な食事療法の考えは、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「まだ糖尿病になった所以じゃないから、今は食生活を改善したり、スポーツもなかなかできる時間がない」と思っている人も多いだと言えます。

糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、病状が顕著になり始めます。体内の重要なホルモンのうち、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)を下げるために欠かすことの出来ないインスリン値に異常が出てくる反応は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな糖質制限食」の目安です。

一日3食のバランスを考えながら、食事を少なく摂ることが大事です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。

つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。

糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そして食事は半分のこしましょう」と、すすめていますよね。

「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。

一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまうでしょうよね。忙がしくて、食事には二十分の余裕をもって食べることです。そうした食習慣で、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。いくら仕事が忙しくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維には上昇した血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)を下げる効果がありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにして頂戴。

糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂って頂戴。

2型糖尿病や肥満のリスクを避けるためには体内時計を整えておく必要があります。普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」に大きく左右されます。

「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。

「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれていますよね。

これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のタイミングと作用について研究する新しい分野です。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalが相応しいとされているひとについては、1日における食品との交換は20単位となりますが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。

「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っていますよね。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますよねが、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。

時節の変化を取り入れた献立作りや、上手な外食の仕方をおぼえて、食事療法を豊かにして頂戴。人は歳といっしょにインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。

血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)の上昇につながる原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)のひとつです。食事の後は特に、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が上昇します。

「ベジタブルファースト」は血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が上昇するのを抑えます。食事法のひとつで、食事の際は野菜から食べる方法です。

食物繊維を豊富にふくむゴボウやキャベツといった野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用を持たらします。食事や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、体内にブドウ糖が取り込まれるのを和らげます。

メニュー

Copyright (C) 2014 糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します All Rights Reserved.