毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分

糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します
■HOME >> 毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分

毎日摂っている食事については、

毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。

時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。

そうした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。

仕事で時間が取れなくても、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。

食物繊維(以前は消化されないので、栄養素ではなく役に立たないと考えられていたそうです)には血糖値を下げるメリットがありますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。

ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配って頂戴。人は加齢と共にインスリン(分泌量が不足すると、糖尿病になってしまうでしょう)の働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。

血糖値の上昇に繋がる原因の一つです。食事の後は一段と、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。

「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。

食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。

ゴボウやキャベツなどの食物繊維(以前は消化されないので、栄養素ではなく役に立たないと考えられていたそうです)を豊富にふくむ野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

併せて、食事や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリン(分泌量が不足すると、糖尿病になってしまうでしょう)とよばれるホルモンがバランスを崩し、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病の合併症や動脈硬化(男性は45歳以上、女性は55歳以上になると発病リスクが高まります)症から派生する様々な病症からの回避につながり、健康的な心とからだを保ち、満たされた人生を送れるように努めることです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化(男性は45歳以上、女性は55歳以上になると発病リスクが高まります)症など)も回避できます。

あまたの食品群には様々な栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあるのです。

バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大切であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。

その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、それぞれに多く含まれている栄養素を持とにして、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、食品の重量を1単位80kcalとして掲さいしています。食品交換表を活用することで、日々の献立づくりの幅が広がります。「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。

一日3食のバランスを考えながら、食事は少なめにする事が重要です。若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。

同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。

なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。

そして食事は半分残しましょう」と、提案しています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。

患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「食生活を改めたいけれど、なかなか難しい、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、そう考えるのも無理はないです。しかし、糖尿病の境界型になると、からだの中では、すでに変化が起き始めています。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリン(分泌量が不足すると、糖尿病になってしまうでしょう)値に異常が出てくる反応は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。

糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと考える患者さんが多いと思います。

ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、食べられない食品はほとんどありません。

「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、食べ物に含まれる様々な栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。この食事療法の考えは、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、常々みんなが意識して考えないといけないということです。

もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。あなたがたがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲さいされています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、適切なタイミングで食べものを摂らないと、条件次第では低血糖を誘発するおそれがあるので留意して頂戴。その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、外食の仕方を上手に取り入れながら、食事療法を上手に活用して頂戴。

糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わり患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。

初めは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、そのまま状態が進行し悪化すると多くの合併症の引き金になります。

間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるため、食生活の改善なくして治療は行なえません。

糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。

体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、すべての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」によって制御されています。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。

「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、「食べるタイミング」といった体内時計の特性を付け足し、食事のタイミングと役割に関して新しく研究する分野です。

メニュー

Copyright (C) 2014 糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します All Rights Reserved.