2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内

糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します
■HOME >> 2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内

2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時

2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。

普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、「体内時計」に大きく左右されます。

毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉える事が出来ます。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のタイミングと作用について研究する新しい分野です。

もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素の種類がバランスよくふくまれているかをかんがえて選ぶことが大事です。「食品交換表」には、食品だけじゃなく主な外食メニューも載っています。

参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。

また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、低血糖になることがあるので注意が必要です。

季節の変化を取り入れた献立つくりや、外食の仕方を上手く取り入れながら、食事療法を上手に活用して頂戴。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。その内、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。初めは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、そのことが悪化の原因となってしまいやがて合併症を引き起こす要因となります。

間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、治療の目的として食生活の改善が重要です。

糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。

数多くの食品群には色々な栄養素がふくまれており、それらを適量摂取することが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるために参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。

食品交換表というのは私たちが普段摂取している食品を、多くふくまれている栄養素によって、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、食品の重量を1単位80kcalとしてけい載しています。

食品交換表を活用することで、料理のメニューの参考にもなります。

1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな糖質制限食」の目安です。

一日3食のバランスを考えながら、ご飯の量を減らすことが重要です。

若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

「カツ丼とざるそばセット」みたいなものも同様です。

つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。

糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、すすめています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、適度な運動も必要だと思うけどできない」とかんがえている方々もいるでしょう。糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、前もって生活を変えるということは難しいことです。ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、病状が顕著になり始めます。

たとえば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが血中での異常な変化を示すことは、糖尿病予備軍の段階から見受けられるでしょう。食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。

食事にかける時間は、忙しくても20分は取ることです。

ゆっくり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、満腹中枢が満足したりするからです。どんなに忙しくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにして頂戴。

ポテトやコーンには多くの糖質がふくまれているので気を配って頂戴。人は年齢と共に筋肉でのインスリンによる糖の吸収が減っていきます。

その結果、血糖値の上昇へと繋がります。とりりゆう食事の後は、ブドウ糖(多くの生き物のエネルギー源になる物質として知られています)が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。

血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。

食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。

ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさん含む野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

ご飯や麺類といった炭水化物にふくまれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、ブドウ糖(多くの生き物のエネルギー源になる物質として知られています)が体内に吸収されるのを軽減します。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンが上手くはたらかなくなり、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。

糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、病気に縛られない普段の生活や満たされた人生を送れるように努めることです。食事療法を初めとした治療が適切におこなわれれば、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化症など)も回避できます。糖尿病というと、制限された食事と想像している患者さんが多数だと思います。

だかといって、糖尿病の患者さんにとって、大抵の食べものを摂る事が出来ます。「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、食品にふくまれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えながら実践することが目的になります。

こうした食事療法の目的は、糖尿病の患者さんへむけた絶対条件というものではなく、一般の健康な方たちに結構必要なことなのです。

メニュー

Copyright (C) 2014 糖尿病の食事制限は宅配食の利用を推奨します All Rights Reserved.